大人ニキビ50代の原因と対策

スポンサーリンク

思春期が過ぎてもニキビに悩んでいるという方も多く、20代以降のニキビを大人ニキビとも言います。

特に50代の方でニキビに悩んでいるという方は更年期によってホルモンバランスが崩れてしまって出来る方も多いようです。

50代になってからニキビが多くなってきたという方は更年期による原因が高いため、覚えておくと良いでしょう。

また、加齢によって肌のターンオーバーの低下や、保湿成分の生成の分泌が少なくなることも原因として多いようです。

更年期のニキビのできやすい場所としては、あごなどのフェイスラインとなります。

ホルモンバランスの乱れなどでバリア機能が低下して、肌が敏感な状態になっています。

乾燥しやすいという方は普段の保湿ケアを重点的に行うようにしましょう。

更年期の大人ニキビの対策として、まずは毛穴に皮脂や汚れを詰まらせないようにします

毛穴が詰まってしまうと、アクネ菌が増えてしまい、炎症が引き起こされます。

皮脂や古くなった角質を毛穴に詰まらせないためにも、正しい洗顔を行うようにしましょう。

洗顔を行いすぎても肌の刺激となり、肌に必要な保湿成分が流れてしまうため、朝と晩の2回を目安にして行います。

肌を擦るのもNGとなるので、洗顔の際には優しく行うことが大切となります。

また、普段使用する洗顔料ですが、肌の刺激となるものが配合されていないものがおすすめとなります。

刺激となるものとしては、香料や添加物となるので、購入する際には配合されている成分を確認するようにしましょう。

配合されている保湿成分も重要となるので、保湿力が高い成分が配合されているかどうかも選ぶ基準としましょう。

洗顔以外にも、普段使用しているスキンケア化粧品を見直してみることです。

保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸は50代の方は減少しているので、そちらが配合されているものを選んで使うようにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする