大人ニキビはホルモンバランスが崩れることでひどくなります

スポンサーリンク

思春期が済んでいるのに成年期以上の年齢で、顔や背中などに出来る吹き出物が大人ニキビです。

若い頃からの延長上であばたや吹き出物に悩まされる人もいれば、年齢を重ねてから再度吹き出物が出てくる人まで、症状は様々です。

しかし中高生くらいの年齢でのニキビとは、少し発生機序が異なるのでケアも注意が必要です。
成長期にニキビが増えるのは、性ホルモンの急激な増加などにより皮脂が増加し、毛穴に皮脂が詰まることで吹き出物が多発することで発症します。

アクネ菌などの細菌が繁殖し炎症を起こすといわゆる赤ニキビなどに進展し、潰したり化膿を繰り返すうちにあばたとなって瘢痕を残すことはありますが、成長期を経てホルモンバランスも安定してくれば、年齢と共に自然治癒していきます。

これに対して大人ニキビは何らかの原因でホルモンバランスが崩れることで、皮脂分泌量が増加することが端緒になります。

加えて歳を重ねると新旧の角質のターンオーバーがうまく機能していないと、皮膚の乾燥や肌アレが進み、皮膚のバリア機能保護のために皮脂が更に増加すると言う悪循環に陥ります。

更に男子では髭剃りあとなど、あご周りでは肌荒れを来たしやすい生活を送っていることも影響しています。

顔のケアは毎日していると言う人でも、あごまわりに十分なケアが行き届いていない場合もあります。

洗顔時にはホウや鼻翼周りは丁寧に洗う人も、あごはおざなりにすすいで洗顔料のすすぎ不足が顔に残ったままになっていることがあるのです。

あごニキビが出来ると繰り返し発生しやすいのも特徴です。

対策には何を検討すべきでしょうか。

まず今までのスキンケアを再考して見ましょう。

クレンジング剤を十分洗い流していたかどうか。

皮脂を洗い落とすために洗顔しているのに、洗顔料の残りで毛穴を詰まらせたら本末転倒です。

逆に皮脂を落としすぎると肌がアレ、更に皮脂が分泌されてしまいます。

洗顔後は化粧水で保湿に留意し、乳液で水分を皮膚に止めるようにしましょう。

美容液を選ぶときは、肌の保湿を高めるセラミドや皮脂を抑制するビタミンC誘導体などが配合されているものを選びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする