大人ニキビと肌荒れ

スポンサーリンク

大人ニキビを改善するためには、まずはニキビができてしまう原因を知ることから始めましょう。

ニキビには思春期に出来やすくなる思春期ニキビがありますが、こちらはTゾーンに出来やすく、皮脂が多くなって毛穴が詰まってしまうことが原因となります。

大人ニキビの主な原因としては、肌の乾燥と古い角質が溜まってしまうことになります。

肌の代謝が悪くなってしまうことで、古い角質が毛穴を防いでしまいます。

ターンオーバーの低下で肌が乾燥しやすくなってしまうため、毎日のスキンケアが重要となっていきます

。ニキビは乾燥させれば良いと勘違いしている方も多いので、保湿成分が多く配合された化粧品などでしっかりと肌を潤わせる必要があります。

ニキビだけでなく、ほとんどの肌荒れにも保湿は有効とされているので、普段の保湿ケアを見直してみると良いでしょう。

肌のターンオーバーが低下する原因としては、ストレス、睡眠不足、乱れた食生活などがあります。

肌荒れだけでなく、これらの原因はホルモンバランスが乱れる可能性が高くなるため、健康や美容のためにも規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

他にも、タバコや冷え性、過度のダイエットでも大人ニキビの原因に繋がります。

肌に刺激を与えるのも、様々な肌トラブルの原因となってしまうため、普段から肌の刺激となることはしないようにします。

最初に、洗顔で肌を擦って洗う方が多いですが、洗顔の泡を肌に乗せるだけで汚れを吸着するので、擦らなくても十分に汚れを落とすことが可能です。

すすぐ時にも、すすぐお湯が熱すぎると肌に必要な成分が流れてしまいやすいので、常温の水かぬるま湯ですすぐことがおすすめとなります。

お風呂上りや洗顔後に使用するタオルですが、こちらも肌の刺激とならないように優しく水気を拭き取るようにしましょう。

今使用しているタオルを柔らかい素材のタオルに変えても良いでしょう。

お風呂上りなどで使う化粧水や美容液ですが、こりたも肌を叩いてつける方が多いですが、肌に優しく塗るようにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする