アゴにできる大人ニキビについて

スポンサーリンク

ニキビは思春期のものだけでなく、大人になってからもできるものです。

しかし、思春期の頃とは原因もできやすい場所も違います。大人ニキビで多いのがあごです。そしてその原因の多くは乾燥によるものです。口周りは乾燥に弱く、肌トラブルが起きやすい部分です。

乾燥した肌は古い角質が残ってしまい、それが毛穴を狭めてしまいます。それによって本来排出されるべき皮脂が毛穴付近に残ってしまい、アクネ菌が繁殖してニキビとなるのです。また、あごは無意識に手で触ったり、髪の毛が触れたり、食べ物がついたりと不衛生になりがちな部分です。それがニキビを進行させてしまうことにもつながります。

また、歳を重ねるとホルモンのバランスが崩れやすくなります。ホルモンのバランスが正常にあることで肌の健康も保たれるものですが、バランスを崩すことで肌のターンオーバーも乱れニキビなどのトラブルが起きやすくなるのです。

こうした大人ニキビを改善するには、清潔を心がけることや日々しっかりと保湿をすること、そして生活リズムを整えることです。洗顔は良く泡立てた石鹸で、ゴシゴシ洗わず泡に汚れを吸着させるように優しくマッサージ洗いをします。そして、保湿力、浸透力の高い基礎化粧品で水分を肌の奥底まで行きわたらせます。

暴飲暴食は避け和食のようなバランスの良い食生活、適度な運動で血流を良くし、睡眠をしっかりとることで、肌の健康が取り戻せます。そして、あごなどにできた大人ニキビは改善していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする