大人ニキビの原因になっていることについて

スポンサーリンク

大人ニキビが現れる原因には、年齢による肌質の変化が大きく関係しています。

年をとることで機能が衰え始めると代謝が悪くなり、本来スムーズに行われるべき肌の生まれ変わりに支障が生じてきます。
たまった古い角質が毛穴のつまりの原因となり、そこに菌が繁殖することで大人ニキビになっていくのです。

このほか、うるおいが逃げやすい年齢になると乾燥が進み、角質を厚くしていくことも大人ニキビの原因になります。

空気が乾きやすい季節は保湿が追い付かず、さらに悪化することが多いばかりか、角質が厚いせいでなかなか治らず症状が消えても跡が残りやすくもなるため要注意です。

こういった点が原因となって起こる大人ニキビは、普段のライフスタイルの質が引き金となることが多いです。

仕事などが忙しくストレスがたまったり、十分な睡眠時間を確保できなかったりする以外にも、栄養バランスの悪い食事を取り続ける、あるいは保湿力の低いスキンケアを行っているとホルモンバランスが乱れてきます。

肌のうるおいなどキレイを保つホルモンがうまく作用しなくなれば、皮脂の分泌量が足りなくなり、結果的に皮脂の分泌が少ないUゾーンを中心に大人ニキビの発生へとつながっていくのです。
そんな厄介なニキビは、思春期のニキビと原因は同じと勘違いしたままで皮脂を取り除くケアをしていても一向によくなることはありません。

また、肌に悪いと言われている喫煙やダイエットなども原因となりうるため、心当たりがある場合は改善するよう心がけることが美肌への近道になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする